失業給付

失業給付

スポンサード リンク

失業給付は、65歳未満で会社を退職した後、失業中に雇用保険から受ける給付をいいます。

そして失業給付の支給額は、退職時の年齢によって賃金日額の45%から80%となります。

また賃金日額は、退職前1年間に賃金支払基礎日数が14日以上ある月を1ヶ月とし、退職日から近い6ヶ月間の賃金の合計を180で割って求めます。

さらに会社都合で辞めた特定受給資格者は、基本手当の給付日数が自分都合で辞めた人より長くなっており、中高齢の就職活動が困難な人ほど、給付日数はより長く設定されています。

なお自分から申し出て退職する場合でも、賃金の著しい低下や遅配、いじめなどが原因の場合は、特定受給資格者として取り扱われます。

また退職時の年齢が65歳以上の人は、退職理由がどうであれ、高年齢求職者給付金が一時金で支給されます。