遺族給付

遺族給付

スポンサード リンク

遺族給付には、遺族年金と遺族一時金の2種類があり、どちらが支給されるかは遺族の範囲によって決定されます。

そして遺族年金が受けられる人は、死亡した労働者と生計を同じくしていた遺族のうち、最も順位の高い受給権者で、順位の高い受給権者を失った場合は、その次に順位の高い受給権者が受給します。

また労働者が死亡した時に、遺族年金を受給できる人がいない場合は、別の条件で受給権の高い遺族に、給付基礎日額1000日分の遺族一時金が支給されます。

さらに遺族年金を受給できる人がいなくなり、遺族年金として支給された額の合計が給付基礎日額1000日分に満たない場合は、その差額が遺族補償一時金として支給されます。

なお遺族年金が支給される人には、同時に遺族特別支給金300万円と遺族特別年金が支給され、遺族補償一時金には、遺族特別支給金と算定基礎日額1000日分の遺族特別一時金が併せて支給されます。