休業給付

休業給付

スポンサード リンク

休業給付や休業補償給付は、労働者が業務災害や通勤災害で賃金が支払われない場合に、休業日の4日目から労災保険から受けることができます。

ただし休業給付を受けるには、医師の治療を受けていること、労務不能であること、労務不能の日が3日間あること、賃金の支給がないことの、全てを満たしている必要があります。

また休業給付として支給される金額は、休業1日につき給付基礎日額の6割となり、併せて給付基礎日額の2割の休業特別支給金が支給されます。

さらに休業給付は、傷病手当金のような制限期間はなく、病気や怪我が治るまで支給されます。

なお療養開始後1年6ヶ月を経過しても、病気や怪我が治らず引き続き休業する場合は、労働基準監督署長の認定により、傷病年期に切り替えられることがあります。