療養の給付

療養の給付

スポンサード リンク

療養の給付とは、健康保険の被保険者や被扶養者が、業務上・通勤途上の病気や怪我をした場合に、病院や診療所などで健康保険証を提示し、必要な療養を受けることをいいます。

そして療養の給付内容には、診察・薬剤や治療材の支給・治療・療養上の管理・入院などがあります。

ただし、療養の給付の対象となる病気や怪我は、精神や肉体が異常な状態である場合に限られ、美容目的の整形手術や健康診断などは対象にはなりません。

また健康保険証が手元になかった場合や、保健医療機関以外で受けた診療費の費用は、全額自費で支払うことになります。

ただし、その行為がやむを得ない事情によるものと保険者が認めた場合は、療養の給付として受けていた部分は払い戻しされます。

なお療養の給付を受ける際には、掛かった医療費の一部を、保健医療機関に支払う必要があります。

しかし一部負担金の負担割合は、その人の年齢や収入状況によって異なります。