健康保険

健康保険

スポンサード リンク

健康保険は、被保険者が業務上や通勤途上以外で、病気・怪我・出産・死亡した場合などに、健康の保持や生活の安定を図るために、必要な保険給付を行います。

そして健康保険の被保険者は、健康保険の適用を受ける事業所に働く、全ての労働者が原則的に対象となります。

また適用事業所には、健康保険が強制的に適用される強制適用事業所と、厚生労働大臣の認可を受けた場合に適用される任意適用事業所があります。

強制適用事業所は、法人の事業所および個人経営で、常時5人以上の労働者を使用する事業所が該当します。

ただし個人経営でも、一次産業・サービス業・法務業・宗教業に該当する事業所は、常時5人以上の労働者を使用していても、強制適用事業所にはなりません。

一方の任意適用事業所は、個人経営で5人未満の労働者を使用している場合や、5人以上でも非適用業種の場合に該当します。

そして、任意適用事業所が健康保険の適用を受けるには、使用される労働者の2分の1以上の同意を得て、社会保険庁長官の認可を受ける必要があります。