介護保険

介護保険

スポンサード リンク

介護保険は、介護が必要になった被保険者が、自立した日常生活を送れるようなサービスを行い、家族の介護の負担を軽減し、介護を社会全体で支えることを目的としています。

そして介護保険の運営は市町村が行い、保険給付については被保険者が住んでいる市町村に申請します。

また介護保険の被保険者は年齢によって区分され、65歳以上の人が第1号被保険者、40歳以上から64未満の医療保険加入者が第2号被保険者となっています。

さらに介護保険では、40歳に達すると自動的に被保険者となり、健康保険では被扶養者の人も、介護保険では被保険者となります。

なお介護保険の給付は、病気や怪我で介護が必要だと認められる必要があり、被保険者の種類によって、認められる病気や怪我の範囲が異なります。

そして、第1号被保険者は介護が必要な原因は問われませんが、第2号被保険者の場合は、あらかじめ決められた病気や怪我で介護を必要とする場合のみ、給付を受けることができます。