パートタイマーの社会保険

パートタイマーの社会保険

スポンサード リンク

健康保険と厚生年金保険では、適用事業所に常時使用される社員は、パートタイマーや嘱託などの契約状態や名称に関係なく、原則全ての社員が被保険者となります。

しかし、パートタイマー等の短時間就労者を被保険者として取り扱うかは、会社との契約で働く期間や時間が決まっているため、それらの条件によって判断しなければなりません。

そしてパートタイマーの1日の所定労働時間が、一般社員の4分の3以上であり、且つパートタイマーの1ヶ月の勤務日数が、一般社員の所定労働日数の4分の3以上であれば、被保険者として取り扱われます。

ただし、勤務時間・勤務日数ともに一般社員の4分の3以上というのは一つの目安であり、就労の実態や内容などを総合的に判断します。

なおパートタイマーであっても、健康保険と厚生年金保険が適用されれば、介護保険も自動的に適用されます。