出産手当金

出産手当金

スポンサード リンク

出産手当金は、被保険者が出産のため労務に服さず、賃金が支払われない場合に支給され、出産日前42日間と出産後56日間が支給対象期間となります。

また出産手当金の支給額は、労務に服さなかった1日につき、標準報酬日額の100分の60に相当する額となります。

さらに休業中に会社から賃金が支払われる場合でも、支払われた賃金が出産手当金の額より少額であれば、その差額が支給されます。

ただし、産前産後休業の間に年次有給休暇を消化することで、出勤時と同じ賃金が支払われる場合などは、出産手当金の対象にはなりません。

なお継続して1年以上健康保険の被保険者であった人が、被保険者資格の喪失後6ヶ月以内に出産した場合は、退職後であっても出産育児一時金と出産手当金がもらえます。