出産育児一時金

出産育児一時金

スポンサード リンク

出産育児一時金は、被保険者や被扶養者に対して、出産時に健康保険から1児につき30万円が、子の数に応じて支給されます。

また出産に関する給付は、母体の保護を目的として行われるので、妊娠4ヶ月以上の出産であれば、早産・流産・死産・人工妊娠中絶の場合でも、出産育児一時金の支払い対象となります。

さらに妊娠中や出産の際に異常があり、入院したり手術を受けたりした場合も保険給付の対象となり、医療費の自己負担が高額になった時には、高額療養費が請求できます。

なお出産育児一時金の請求には、所定の用紙に氏名・住所・給付金の振込口座などを記載し、医師・助産師や市区町村長から出産に関する証明を受ける必要があります。