社会保険の特徴や基礎知識について

社会保険の特徴

スポンサード リンク

社会保険は、病気・怪我・失業・死亡などの事故が発生した場合に、その被保険者や被扶養者に対して、医療補償や所得補償などの保険給付を行います。

そして保険給付を行うために必要な費用は、会社や被保険者から保険料という形で徴収します。

また社会保険には主に、医療保険・年金保険・雇用保険・災害補償保険・介護保険の5種類があります。

さらに通常はそれらを社会保険と労働保険に分けて呼び、社会保険には医療保険・年金保険・介護保険、労働保険には災害補償保険・雇用保険があります。

なお会社が実際に加入して手続を行うものは、社会保険では健康保険と厚生年金保険、労働保険では雇用保険と労働者災害補償保険となります。

そして会社は労働者を1人でも雇用した場合、これらの社会保険・労働保険に強制的に加入することになります。

また保険料の給付方法は、労働保険料は毎年1回か3回に分けて納付し、社会保険料は毎月の保険料を翌月末日までに納付することになっています。